アルトラベラー 過去記事保管庫

中学一年生の男子です。最近は主にカーカタログ入手記、自動車の紹介などをしています。たまにトミカ購入記、スピッツ、写真撮影、あつまれどうぶつの森実況、旅行記を書いています。少し前まで、トミカ改造やトミカタウン制作もやってました。ちなみにアルトラベラーの由来は、父のクルマがスズキアルトなのと旅行好きだからです。好きなクルマは、日産S15シルビアです。

残念な名(迷)車 最終回スペシャル「言語が変わるとクレイジーな車名」

久しぶりの残念な名(迷)車なのですが、この記事で残念な名(迷)車シリーズは最終回になります。😣

理由は・・

ネタ切れ。それだけです

 

なので最終回になる今回は

言語が変わるとクレイジーな車名5選

を紹介します。

f:id:fly131taro:20210413213002j:plain

トヨタセリカXX 

セリカXXは!4気筒版セリカの上級車種として6気筒エンジンを搭載して1978年に登場しました。

XXは「ダブルエックス」と読み、カッコいい車名・・

と思うのは日本だけで、アメリカでは「X」というのは映画の成人指定の度合いを示すアルファベットでした。

そのため輸出用セリカXXは

f:id:fly131taro:20210413213445j:plain

みんな大好き「スープラ」の車名で販売されました。

f:id:fly131taro:20210413213557j:plain

 マツダラピュタ

ラピュタは1999年に発売されたスズキkeiのOEM車です。

マツダはおそらく「ガリバー旅行記」の空に浮かんで自在に移動できる島「ラピュタ」にちなんだと思われますが、スペイン語では「ラピュタ」は売春婦を意味しました。

特にラピュタは輸出とかをしませんでしたが、あまり良い名前ではない気がします😭

f:id:fly131taro:20210413214054j:plain

日産フーガ

フーガは、2004年に発売され、現在も生産が続けられているアッパークラスセダンです。

フーガの車名は音楽用語のfugaと、日本語の「風雅」から来ています。

しかし英語が母国語の人は、「fuga 」と聞くと「腐りかけのマッシュルーム」と連想してしまうとか。

上品なのに腐ってしまう😅

f:id:fly131taro:20210413214611j:plain

三菱ミラージュディンゴ

ディンゴは1999年に発売した「スマート・ユーティリティ・ワゴン」をテーマとする小型トールワゴン。

ディンゴの車名は、「三菱のダイヤモンドのD」と「Bingo !!」という思いがけない喜びを表す単語からの造語です。

しかしオーストラリアには「ディンゴ」というオオカミの一種がいて、そいつは過去に人間の赤ちゃんを食べてしまったらしいです。Σ(ノд<)

たまたまですが、恐ろしい名前ですね😱

f:id:fly131taro:20210413215226j:plain

三菱レグナム

レグナムは、8代目ギャランベースのステーションワゴン

レグナムはラテン語で王権・王位を意味する「Regnum 」から採ったそうです。

しかし英語圏の人が「レグナム」と聞くと自動的に「leg  numb (足がしびれる)」というフレーズを想起してしまうので、北米などでは「ギャランエステート」「ギャランコンビ」という名前で販売されました。

 

アルトラベラー先生の来作にご期待ください🙇

オシマイ(*^ー゚)