SPORT!SILVIA! by アルトラベラー

中学二年生の男子で、クルマとスピッツだけで体が完成している。ちなみにアルトラベラーの由来は、父のクルマがスズキアルトなのと旅行好きだから。好きなクルマは、S15シルビア、アルテッツァ、180SX等。

2022年に25年ルールが解禁されるクルマ3選

f:id:fly131taro:20220126192111p:plain

 

 

 

 

 

f:id:fly131taro:20220126192249j:plain

皆さんこんにちは、こないだち○かわまんまる焼きを食べたら、途中で微妙に食いにくくなりました。↑アルトラベラーです。

 

毎年やってくる、日本車好きにとってとても厄介な存在

25年ルール

アメリカには、通称「25年ルール」と呼ばれるクラシックカー登録制度が存在します。通常、アメリカでは右ハンドル車の輸入を認めておりません。したがって、日本やイギリスで走っているクルマをアメリカで乗ることは出来ないのです。但し、製造から25年が経過していれば、アメリカ国内におけるクラシックカーとして認められるため、右ハンドル車であっても輸入できるようになるのです。更に関税や排ガス規制までも対象外となりますので、一石三鳥です。

もう少しわかりやすくご説明させていただくと、アメリカ合衆国運輸省(NHTSA)が、初年度登録から25年以上経過したクルマであれば、右ハンドル車の走行を法律で禁止しているにもかかわらず、輸入することを認めるという特別ルールです。

引用 https://www.qsha-oh.com/column/3662/

 

f:id:fly131taro:20220126193720j:plain

近年では、25年を前にR34GT-Rが1000万円~というように異常な価格になっている車種もあります。熊谷39℃より異常です。

f:id:fly131taro:20211127230109j:plain

S15もあと2年で25年ルールが解禁されてしまいます。恐ろしい~っ(|| ゜Д゜)

 

今回は、2022年に25年ルールが解禁されてしまうクルマを3つ紹介します。

f:id:fly131taro:20220126194722j:plain

1台目 二代目アリスト

8月解禁。クラウンマジェスタとの姉妹車関係を絶ち、新規のプラットフォームを使うようになりました。また、このプラットフォームはその後トヨタのFRセダンの基本仕様となりました。初代から一転して社内デザインとなりましたたが、楕円をモチーフとしたデザインは先代から引き継がれ、また重量配分をフロント53:リア47と理想的な重量配分としている。

日本国内モデルは、初代にあったV8エンジンのグレードがなくなり、ツインターボ2JZ-GTE型(280PS)の「V300」、NAの2JZ-GE型(230PS)の「S300」のみになりました。(いずれも直列6気筒3.0L DOHC VVT-iエンジン)

 

二代目アリストは特別値上がりはしていないですが、今後値上がりする可能性もあるので注意した方が良いかもです。ただ、「MTがない」という致命的な欠点があるのであまり値上がりはしないかもしれません。

f:id:fly131taro:20220126200012j:plain

2台目 パジェロエボリューション

10月解禁。1982年に発売されたパジェロは1983年からダカールラリーに参戦を始めました。1991年からは市販車を離れ、パイプフレームのパジェロ・プロトタイプへと移りました。そして、1997年よりT3クラス (プロトタイプ) へのメーカー参戦が禁じられ、三菱は T2 クラスの市販車改造パジェロに回帰することとなりました。この T2 クラスのベース車両として二代目を元に「パジェロエボリューション」を開発しました。 

エンジンは新開発のMIVEC採用型6G74エンジンを搭載。280PS (210kw)、35.5 kgf-m を発揮します。

パジェロエボリューションは、価格高騰だけでなく流通台数が少ない為(カーセンサーで2台だけ発見)、欲しい人は早めに行動しないと中古車が0になる可能性があります。ちなみに値段は320万円と応談でした。

f:id:fly131taro:20220126200907j:plain

3台目 EK9シビックタイプR

8月解禁。6代目シビックのマイナーモデルチェンジ実施時に、3ドアに「タイプR」が追加されたされました。エンジンは185PS/8,200rpmを発揮するB16B型を搭載し、5速MTを組み合わせました。他の「タイプR」と同様に車体重量が軽量化され、エアロパーツ、RECAROバケットシート、MOMO製ステアリング、チタン製のシフトノブ、専用車体色のチャンピオンシップホワイト等が装備されました。

翌年には他のシビックシリーズとともにマイナーチェンジを実施し(、エクステリア(ヘッドライト、フロントバンパー、フロントフェンダー、テールランプなど)やオーディオ周りのデザイン変更のほか、エアコンパネルも一新されました。

 

これはヤバいです。数年前からの価格高騰に追い討ちをかけるかのように25年ルールが解禁されます。1月26日現在、EK9の流通台数は63台とまずまずですが、平均価格は約290万円とジワジワ上昇しています。欲しい方は今年の7月までがラストチャンスです。アメリカに行く前に掴み取りましょう!!

 

f:id:fly131taro:20220126202157j:plain

いかがだったでしょうか。今年は他にもA80スープラ後期型やR33GT-Rの後期型が解禁されます。ご参考にしていただけたら幸いです。

アメリカに行く前に自分のモノにしましょう!!!

 

 

 

↓↓更新しました。

 

 

アフィリエイトです。写真をタップするとAmazonに移動します。南米には移動しないのでご安心下さい。

トミカプレミアム 37 ホンダ シビック タイプR (トミカプレミアム発売記念仕様)