アルトとの縁が薄れたアルトラベラー

中学二年生の男子で、クルマとスピッツだけで体が完成している。ちなみにアルトラベラーの由来は、父の元愛車がスズキアルト(現在はフリード)なのと旅行好きだから。好きなクルマは、S15シルビア、アルテッツァ、ユーノスロードスター等。

追悼 ダイハツウェイク

ダイハツは、大分県中津市大分第1工場で製造してきたウェイクの生産を8月11日に終了した。アウトドアユーザーなどのニーズに応えてきたが、近年は販売台数が低迷し、2021年の年間販売台数は1万4929台にとどまっていた。2021年12月に全面改良したアトレーでウェイクがカバーしていた顧客ニーズに応える考え。

ウェイク、本当に好きな現行ダイハツ車の1台でした。

このクルマは、モーターショーでコンセプトカーとして公開された時からとにかくインパクトが強かったです。

2013年に東京モーターショーで公開されたデカデカ

思い返せば、2013年の東京モーターショーレヴォーグ、ハスラー、S660、NSXコペン等と魅力的なコンセプトカーが多かったなぁ

特にこの観音開きには当時4歳の俺はめっちゃ衝撃的でした。

当時、観音開きなんて知りませんでしたからね。

その後、2014年に実際に市販化されました。

観音開きではなかったですが、市販化はかなり嬉しかったです。

発売当初は、そこそこ売れてたらしいですが、近年は販売台数が低迷していたそうです。でも、1455mmの軽自動車で1番高い室内高は是非とも後世にも残って欲しいです。

ありがとうウェイク

 

 

 

 

 

 

このcmのインパクトはスゴかったなぁ